雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

魂リクは『ひまわり』


昨夜の 魂のラジオ

映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』
での役柄が明らかになったと言う話。

ひこせいずうろうです…
比古清十郎です。

軽くサラッと言っていましたが、噛み噛みでした(笑)
剣心の師匠であり、育ての親、めちゃくちゃ強い人物。
この流れで…

この間、佐藤健さんのイベントをやったんですよ。
と荘ちゃん。

そうそう!
色々、ネットニュースに出てたけど、
また何かちょっとこう…余計な事をしゃべってない?
荘口さん…

マシャも知っています 小原さんも笑ってます!



私もしゃべりながら、ココ使われるなと思ったら、
そこだけがバ〜ン!
福山に対して、口だけの男と思ってんのか〜!
と言うのを私がちょっと福山さんの口まねをしながら、
盛って言ったら会場が沸いたんで…



はい、はい、はい…!
湧くとしゃべるでしょ?
アナタと言う人は…!



オファー?出る、出る、出る〜!って言ってましたよ。
撮影?行く、行く、行く〜!って言ってました。
って言ったら、そこだけがボーンと使われていました。

出る、出る、出る〜!!!って、荘ちゃん、そこもやっちゃったんだ(笑)

まさに…メディアミックス!
ラジオで話した発言がネットで話題。

本当ですね!


囲み取材で健くんが、口だけの男じゃない…けど、
約束を守ってない事がある。
呑みに行こうと言う事が実現していないと言う発言をしていた事も
メディアミックスになっていた。

と荘ちゃんが伝えると…


うん、うん、うん…
と、頷くマシャ。そして少しの間が空き、

どうすればいいの?

僕はどうすればいいの?

比古清十郎で〜す!

そのままCMに入りました
どうしましょうかね、この返し(笑)
面白くて、ツッコミまくりましたよ!


ツッコミを入れる事がもうひとつ!
比古清十郎は陶芸家でもあると言うことで陶芸シーンがあるのか、
陶芸をしている男性がセクシーで好きと言うメール。
すると荘ちゃんが ゴースト 〜ニューヨークの幻〜
話題に出すとあの有名でうっとりするシーンをマシャは憶えていません。
えーーーー!?
パトリック・スウェイジがデミ・ムーアを後ろから抱く忘れられない場面なのに
と思ったら、プリティ・ウーマンと混ざってるって…
プリティ・ウーマンはシンデレラストーリーです
荘ちゃんはそのシーンのパトリック・スウェイジが既にゴースト(亡霊)だって言うし…
まだ生きてますから、あのシーンでは
二人に思いっきりツッコミを入れていましたよ(笑)
マシャの楽しい笑い声とトークに癒され、突っ込みどころも満載な魂ラジでした。


殺陣のシーンの型をホットスポットのロケ先、ナミブ砂漠でもマネージャーを相手に
練習していた、殺陣のシーンは大変でケガもする。
基本の形があったとしても、剣のひとふりもその人の個性が出てないと、
芝居としてアクションとしてOKではない。
ひとり、ひとり、まったく違う。アクションにその人の人柄、役柄が宿って
初めてOKテイク。そう言う現場。


殺陣のシーンでいちばん大変なのは剣心。
健くんは、受けも避け方もギリギリの限界を試したくなると言っていたそうです。

若いって素晴らしいって思ったよ。
当たるかもしれないなんてイヤだなと思ったよ。
ケガの治りが遅いから(笑)

剣心はボールが止まって見えていたんじゃない?とマシャは言っていましたが、
健くんは宣伝でテレビに出ていた時、水面を走りたいとも言っていました
冗談かと思っていましたが、真面目な顔だったので、本気だったのかも
と言うくらい何かを超越したものがあったんでしょうね。


アクションシーンのこんな興味深いエピソード。
突っ込みどころが満載なトークも楽しいし、こう言う話も好き。
これから映画を観る上で、作品を更に奥深く感じられそうです


この後に流れたカッコいい ONE OK ROCKのMighty Long Fall
この曲が流れると映画「るろうに剣心 京都大火編」 の世界に
あっという間に引き込まれます




魂リクは『ひまわり』
お母さんが大切に育てていた「ひまわり」が未来の種だったと
わかったお嬢さんからのメール。
12年前の福山エンヂニアリングから全国に広がった未来の種。
ずっと毎年咲き続け、そして、みんなに…
ファンの方の中で広まっている。スゴいですね。

リクエストのメールもたくさん届いていたようです。
大切に育てられ、繋がり、広がっている未来の種。
我が家も、現在、13代目が満開です

13代目未来の種は、こちらから




Post comment

管理者にだけ表示を許可する