雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

4月11日 TBS「 CDTV」出演



昨日(4/12日)の深夜1:15から放送された CDTV
いつもなら魂ラジのエンディングのお知らせで告知してくれる。
けど、今回は…と思ったら、ちゃ〜んとTwitterで連絡あり
うっかり忘れた!と言う事がなくてありがたいです


番組の中では、4回マシャの話題がありました。
・アルバムインフォメーション。
・DVD EXPRESS
・レコチョクダウンロードランキングTOP10
・ゲストライブ










アルバムインフォメーション
もちろん4月8日に発売されたカヴァーアルバム 「魂リク」の話題。
マシャご本人登場でアルバム紹介です。
衣装は白いニットに白いパンツ。
柔らか〜い雰囲気が漂ってます
カッコ可愛い
私は…好きです(あ、またどさくさに紛れて告白!)


Martin OM-45を持って登場したマシャは、自己紹介しながら、
ポロロロロンと弾いています

アルバムの紹介が始まり1曲目の「銭形平次」から。
選曲したのは好きだから。

素敵なイントロから「お〜と〜こだったら〜」と歌ってすぐに

ピタっ!

歌も音も止め
続きは
アルバムを是非聴いて頂きたいんですけどぉ!

と言いながら笑っちゃってます。
お茶目な一面が出ちゃってます。

こんな感じでやってるんですよ。
少しずつですが、お聴き下さい。

と、いつものようにちょっとずつ曲が流れます。


銭形平次
元気を出して

この二曲は特典の映像が一緒に流れていました。


チェリー

ここでマシャの解説!

チェリーもですね、
ただジャラン、ジャランと
弾き語りをやっているんじゃなく
下の音をベースで弾いて
上をコードで弾くと
1本のギターなのに
アンサンブルとしてバンドのようになる
こう言う事ができるんでこの歌を選ばせて頂いた。

もちろんギターを弾きながらの解説。
これって贅沢なんじゃないかと思い始めて来ました。

続いて…

コーヒールンバ



コーヒールンバ…この楽曲を選択した狙いは?


弾き語りアルバムを構成する時に・・・
と言いながら、ギターをかき鳴らしています。
ホントにもう…ダメですね、そう言う贅沢な姿…。
世の中に見せちゃって!(そこ〜?!)


バラードのような弾き語りばかりになるのは
ちょっと嫌だなと思ったんですね。
アルバムの中でバラードもあれば
アップテンポもあればいいなと。
アルバム1枚を通して聴けるような
「起承転結」「構成」が欲しかったんですね。


そんな中で…もちろんリクエストありきなんですけど、
来てた曲がこの「コーヒールンバ」
ラテン系の・・こう!


って、またギターをジャラジャラとかき鳴らし出す。
昔 アラブの エラいお坊さんが〜
恋を忘れた哀れな男に〜


ピタ!

続きは買って
聴いて頂きたいんですけど!

やっぱり!!!!!(笑)もちろん笑いながら言ってます


こう言う楽曲があると
アルバム全体のバランスが取れるんじゃ無いかなと
これを選んだんです。

私の世代には馴染みがない楽曲ですが、こうしてマシャが歌うと
私のお気に入りの1曲になってしまうんですよね


Rainning
雨やどり


そして…Midnight Blue Train

この楽曲への想いは…。
アルバム最後に持って来たかった
Midnight Blue Trainですね。

ボクが長崎から上京して来た時にですね、
東京へ行くなら絶対寝台車。
飛行機に乗った事がないし
浜田省吾さんのが好きだから。
上京するなら寝台車。

上京して来た福山少年のその頃の想いが伝わって来ます
20万円、靴下に忍び込ませて来たエピソードも一緒に



そんな、
たくさんのボクの想い出とともにある
リクエストの歌が入っています。
結構、親子で聴けるんじゃないか?
一家に1枚という感じでいけるんじゃないかと
良からぬ期待をしているアルバムでございます。

なぁ〜るほど。私の母親も「銭形平次」が好きだった!


この後も
ゲストライブがあります。

と、お知らせで締め終わってもギターをジャラジャラ…。
カメラ目線じゃないところが何とも良いじゃありませんか
だからね、こう言う姿を世の中に見せてしまったら、また
惚れられちゃいますよ



次はDVD EXPRESSのコーナーでやっぱり4月8日に発売されたDVD
FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN
DVDからの映像は、HUMANMELODYが少しだけ流れました。


その後は、レコチョクダウンロードランキングTOP10
何度でも花が咲くように私を生きようがランクイン。


そして、ゲストライブです


CDTVをご覧のみなさん、
こんばんは。福山雅治です。
3月25日に
デビュー25周年デジタルシングル
「何度でも花が咲くように私を生きよう」
が配信になりました。

この歌はですね、「女性のための応援歌」を
書いて貰えないかとオファーがありまして。
そのオファーで作ったんですが、
もちろん女性に対してもそうなんですが…
結果的には自分自身をも応援するようなですね、
そんな歌になっちゃいましたね。


と、いつものように楽屋?この部屋どこ?みたいな場所で
コメントがあり、ライブに入りました


ココで白い衣装の全身が見えました。
ニットは少し長めの丈で、緩いシルエット

完全に…私の好みです
あっ、誰も聞いていませんか!?(笑)


この歌を歌う時はギターを持たず、マイクスタンド。
テレビ番組で見るのは、何度目かになりましたが、
安定した包容を感じさせてくれる。
泣けて来ます

包容…本当は抱擁と書きたいところだけど(笑)
この歌に限っては包容の方がピッタリ来ます

そして、
舞い降りて来る椿を思わせる赤い花びらが幻想的でした




Post comment

管理者にだけ表示を許可する