雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

フジテレビ『ヨルタモリ』出演


昨日、放送された フジテレビ『ヨルタモリ』
あっという間の30分でした。
終わった時に「えっ?もう終わり?」と思った方がどれだけいたことか。
もっとトークを聞きたい、もっとセッションを聴いていたい。
と、ちょっと物足りなさを感じながらも30分間、楽しませて貰いました。
笑わせて貰いました!


ママの宮沢りえさんはお仕事で不在。
カウンターの中に入っているのはタモリさん…もとい!吉原さん(笑)
岩手県でジャズ喫茶を営む男性です

↓また長い感想になってしまいました









すでにお店にはご近所さんが勢揃い。
エッセイストの能町みね子さん、タブラ奏者のU-zhaanさん、
音楽家の大友良英さん

そして…リリー・フランキーさん

ママがお休みという話題でご近所さんが盛り上がっているところへ
今夜のお客様が登場バーに入って来るのに礼儀正しく


失礼します!

と、頭を下げてる(笑)
よりによってママがいない日にやって来る運の悪い客。と笑われちゃいました!
黒シャツのボタンが少し広めに開いていて、ちょっと色っぽい
最近、こんな感じのお召し物が多くて、大人の雰囲気がバリバリ伝わって来ます。


ま、十分に大人なマシャなんですけどね。



ママがいない夜に…の巻 始まりました。
カウンターに入った吉原さんはママ目線でカウンターからご近所さんを
見渡しています。

するとリリーさんの「ママは包容力がある」と言う一言から「包容力」の話題へ。
包容力がありますもんね、ママは。
何を言っても受け止めてくれるような。

そうリリーさんが言っている隣で腕を組みながら、その言葉に
微かに頷いているマシャ。
カメラとか意識してないような表情。
リリーさんの言葉に耳を傾けて、自然と頷いている姿を見て、
普段、呑みながらこんな風に話を聞いている時もあるのかなと…


激しく妄想!


そんな一瞬の表情にドキドキしながら番組は進んでいます。


男ってあまり包容力、無いよね?
と吉原さん。するとリリーさんがマシャに話をふる。


福山くん、包容力ありますよ。


そのまま静かに腕を組んで話を聞いていたマシャが
そう努力をして来たんですけども
なんか…やっぱり…
包んでもらった方がいいとは思ってますよ。
うん。


わ、わ、こんな話題をマシャの顔を見ながら聞けるとは。
ヨルタモリ、最高!

なんかその包容力があったほうが
モテるというふうに…あの…
ホットドッグ・プレスとかで読んだんで…。


ホットドック・プレス!?
我が家、ココで夫婦二人で拭き出してました(笑)

情報源が古いね、ずいぶんね。

このツッコミありがとうごいます。リリーさん(爆)
マシャだって自分で言って、ちょっと笑っちゃってるじゃないですか
ちなみに私はこの雑誌はもちろん知っていますが、雑誌の内容よりも
CMがとても印象に残ってます。特にラジオの深夜放送を聞いていると
流れていたんですよね。懐かしい!

話は戻しますが…(笑)
リリーさん曰く、あまり男性に包容力があると女性が自由に振る舞って
浮気するとか。そんなフリに予告で流れていた場面。


浮気〜…されたのに気づいたことって
無い気がするんですよ、ボク。


えっ?マシャは浮気されたことあるの?と言う疑問と、
浮気を気が付かないということに、なんかわかる気がすると言う。

リリーさんは浮気に敏感だとか。
俺、警察犬みたいに感づきますよ。

どうやってそれがわかるか興味津々のマシャ。
気配みたいのがある!
と自信たっぷりなリリーさん。


奥さんみたいなことを言う!
って笑っちゃうマシャ。
確かに気配を感じるって女性っぽい感じ。


その気配とは?
例えば脱衣所で脱いだ下着の雰囲気とか。
ご近所さん、一斉に「えっ〜?」って驚いていましたよ。
マシャは…思わず笑っちゃってました。でもリリーさんは続けます。

女性が浮気をすると下着が派手になり、
下の毛を揃えるようになる。


って、いったい何の話になってるんでしょうか?

もともと下着が派手で
揃ってる人はわかりにくい?


マシャ、そこ食い付いてましたが…
でもこのお酒の席ならではのトークな感じがイイ。


嫉妬するとか上手じゃないよね。
と、リリーさんがマシャのことをいうと…


嫉妬下手ですね〜。
嫉妬上手だったら良いなと思うんですけど…
泣いてるところを見られるのが嫌なんですよね。

私は嫉妬下手なマシャでイイと思います
むしろ…
嫉妬下手な人が、不意に見せる小さなジェラシーを見つけたいくらい。
マシャの可愛い嫉妬をみつけたらキュンとするんだろうな。
あっ、ここマシャ前提のキュンです
もちろんこの先、そんな場面には遭遇する可能性はありませんが


そんな私の妄想は置いておいて、次にリリーさんがフッた話は…

福山くん、ココ一番で
イケてないことをするという。

暴露され始めました?
マシャも否定することなく、フフフと笑ってます。

初めて付き合った子の誕生日プレゼントがコテ。
吉原さんもご近所さんも「コテ?」と失笑。
当時、聖子ちゃんカットが流行っていて、その髪型をする彼女の
お役に立ちたいという気持ちから送ったプレゼントが
大人になってこんな風に評価されるとは、中学生だった福山少年は
まったく思っていなかったでしょうね。
真剣に選んだんだと思います。


ここ一番のところでコテが出ちゃう人。
と、リリーさんが追い打ちをかけやっぱり笑っちゃう。


そんな流れとはまったく繋がりもなくリリーさんが
25周年ですよね?
というと、吉原さんが25周年の人が多くないかと問いかける。

そうですね…
と25周年の人を考えるマシャ。
すると吉原さんから出たミュージシャンは...

BEGIN?
あっ、灯台下暗し!そこか〜?!
って感じでマシャが気が付いて、BEGINが同じ事務所で同期という説明。

BEGINと仲悪いんでしょ?


と、変な方向へ持って行こうとする吉原さん。


仲、悪くない(笑)
仲、イイと思います!


BEGINがデビューしてすぐ売れていたこと。
BEGINに嫉妬というよりは、自分に失望。
デビュー当時は売れたいと明確に思っていなくて、
でも売れてそこそこの形がないと続けていけないと思った。


高校時代にコピーバンドをしていたという話をし始めて
急に何かを思い出したマシャ。

女の人にお願い事ができなくなった原因がその時代にひとつあって…
コテをあげた女の子がスゴくいい子だった。
いつもチケットを売ってくれていて
みんな買ってくれたからとお金を貰っていた。

ある日、友達からチケットが全然売れてなくて、
実はその女の子が小遣いから出していた。

ここまで話すとみんなは「まぁ〜!!」って言うくらい
その女の子の気持ちを組んでいます。

けど、その女の子の気持ちがちっとも伝わらなかった
当時の福山少年は怒ってしまったと。

コテガワセイコさんを…
って、誰?(笑)
コテをプレゼントして聖子ちゃんカットだった女の子だからって
リリーさんが命名しておりました。

お前、何でそげんことばすっとや?と。
お前、俺の顔にドロば塗っとや!

当時の福山少年なので、バリバリの長崎弁。
九州人にありがちな怒り方だそうです。

でも、その時、良かれと思ってやっていたコテガワさんの気持ちを
今はちゃんと伝わって大人になったマシャが話してくれています。

そう言う出来事があったから、
いまだに女性に対して、
お願いごとができないんですよね〜。

と言っておりました。

人に委ねられない、甘えられないというのは幼少期・青年期に
体験した事が多分に影響しているというマシャ。

当時、お父さんの遣いでタバコを買いに行った福山少年。
タバコの銘柄は「LARK」
近所には売ってなくて、遠くまで探しに行った。
帰って来たら、心配したお母さんには怒らる。
けれど、その時にお父さんが褒めてくれた。

雅治、
わざわざLARKを探しに遠くまで
買いに行ってくれた。
こいつはね、根性だけはあるったい!

と…
後にも先にもお父さんから褒められたのはこれだけ。
成功体験とも言えるその一言を支えに東京でも
頑張ってこれたと…笑ってました。

でもこの年齢まで憶えいるということは、マシャの中で大きな
一言だったんですよね。25年も…

LARK魂
って、名付けられてしまいました。吉原さんに(笑)

で、急にトクだね!の小倉さん、菊川怜ちゃん、梅津アナが登場。
アマタツ!ならぬ、スジタツ登場。筋肉予報士だそうです
あっ、スジタツさんはキン肉マンみたいなタモリさんです。

姿は見えなくてもマシャの笑い声が聞こえてます。
スジタツさんのパンプアップで天気予報が終わると、
案外冷静に「スゴいなぁ」と感心するマシャ。
他の人は大笑いしているのに。

そして急に饒舌になったマシャ。
あそこまで行くと…
ボクもソコまで詳しくないですけど、
聞いた話によると
ボディービルの大会で
ポージングってあるじゃないですか?

で、重いものを持たずに
付加をかけずに筋肉を見せるというのは
一番付加がかかるらしいんですよ。

無付加で「グッ!」とやると言うのは
失神したりするんですって。

筋肉があれだけあると
酸素をいっぱい取られるんで
筋肉に...

こ〜やって、こ〜やって…

とポージングして倒れていくマシャ。

「グッ!」って言う時の顔とか、ポージングを真似するとか
かなりツボったんですけど。たまりません!!!!!!!!
呑んでるとこんな感じなんでしょうか?


次にマシャが映った時にはギターを抱えてる。
そして銭形平次のカバーの話題。
アルバムを出すと言うとき自分で入れたいと思った一曲がコレ。
23年間、何千曲もカバーを歌って来て、銭形平次から始まるって
モテないチョイス。コテ臭がする!コテチョイス!
と、散々な言われよう。

というマシャは
リリーさんにこれを歌うとモテないと
言われてから歌ってない。

なんて可愛いことを言い出す(笑)気にしてるんじゃ〜ん

歌ってみると音域が広くて難しかった…
なんて言っていたら、

こうやってなかなか歌わないところも
モテない感じ。

とリリーさんからダメ出し。もうタジタジですね(笑)


でもマシャがギター1本で歌った「銭形平次」はやっぱりカッコいい!
と、私は思うんです。

そこでヨルタモリを見ていた友達からLINEが…
話を聞いていると意外とモテ指数が低いかも。
ちなみにファンではありません。でもこの後に続きが…

でも、そこが良いんですかね。って。

あっ
リリーさんのマシャツッコミはとても楽しくて面白いんですけど、
地上波では控えめにして欲しくなりました。

ファン以外にも魂ラジ国民以外にも、
ダメ出しされているキュートなマシャと、
いつも通りのとてつもなくカッコ良いマシャのギャップを
気づかれてしまいます
そのギャップ、実はすごく魅力的なんですから
リリーさん、マシャのちょっとズレた感じとか、あとでこっそりと教えて下さい(笑)


この後にみなさんでセッションした『コーヒールンバ』
打楽器もハーモニカもイカしてる。
もちろんギターとヴォーカルも…
これ当たり前のようにリハーサルをやってからの演奏かと思いきや、



え〜〜?リハなし?!
って、マシャが放送中にツイートしてる〜!!!!!!!
と、一粒で二度驚いた訳ですよ。


そして昨日『ヨルタモリ』話題で最後のツイート。


ぜひ、ここにもカメラが入っていて欲しかった。
というかどれだけ仲良しなんですか〜
タモリさんとリリーさんと楽しいTMCセッションだったんでしょうね。

1日5回ものツイート。なんともありがたく受け取りました
またバンドLARKのセッション、聴きたいです。

LARK・・・もといTHE LARKのテーマソング。
あれも即興ですよね?
歌詞も素晴らしいし、メロディーを聴きながら、私の頭の中は
青い空と荒野が目の前に広がっていました。


LARK・・・もといTHE LARK・・・いや、最後はTHE SKY LARK?
最高です


Post comment

管理者にだけ表示を許可する