雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

福山雅治「福の音」セレクション 第一夜『長崎篇』




12月14日(月)〜18日(金)の5日間ニッポン放送で放送される
 福山雅治「福の音」セレクション
「魂ラジ」音源で振り返る歌への想い





昨夜は第一夜『長崎篇』
ちゃんと聴きましたよ。
昨日はスマホできちんとお知らせタイマーして
マシャも教えてくれたし




放送前にハッシュタグの取り決めまでしてくれて。










って、これどちらかというとスタッフのお仕事でしょ〜(笑)
そんなツッコミをしながらラジオを聴いていました


放送後もツイートしてくれて…
ん?ホットワードを気にしてたのか?
と、相変わらず負けず嫌いなところを垣間みて(笑)




福山歌!紅白歌合戦!への想いも伝えてくれて…










お知らせもきちんと…(笑)






昨夜はマシャはこんなに呟いてくれました



「福の音」セレクションの内容は…(やっと本題)

今年の3月28日、魂ラジを卒業したあの最後の日、放送後に集まってくれたファンへ
挨拶をしている音源から。

またたぶん何食わぬ顔して
もどってこられるようにですね…
その為にはですね、
戻って来て下さいという人間で
あり続けたいと思います。
頑張って行きたいと思いました。
長い間、ありがとうございました。



しっとりした荘ちゃんの語りから始まり、
Do You Remember Rock 'n' Roll Radio?が流れる…
マシャのタイトルコール

もう身体に染み付いているワクワク感といつもそこにいるという安心感が蘇って
懐かしさでいっぱいでした


あぅ、魂ラジ


長崎篇は

2009年6月発表「残響」から18歳で上京した想いを歌った
『18〜eighteen〜』

武道館で初めて歌ったこと。
桑田サンから貰ったギターで奏でていたこと。
恋も傷もさよならも初めてだったという歌詞のせつなさ。
故郷が変わって行くのは仕方ない、変わって行く事は良い事だけど
変わって欲しくない願望を作れるようになった。
メロディラインは15年前「BOOTS」の頃に出来ていた。
自分のマイホームタウンは何を歌おうかと決まったのは最近。

18〜eighteen〜のイントロで流れるギターに



ああ、これ僕のギター!
とバリバリ主張してます。
18歳の自分、今18歳の頃を見た自分、そして今の自分を描いた曲。

これを聴くと私は武道館でのシーン。20周年記念映像『福山History』で
マシャが長崎を旅立つ時、若手俳優が演じて再現してくれていたシーンを
思い出してウルウル。
でも記憶が遠のいてる。だって武道館の映像がまったくないんです。
これ、もう一回見たいな。

ちなみのその再現をしてくれていたマシャ役は賀来賢人くんと彼女役は
平田薫ちゃんだったはず。


次に振り返った音源は2009年1月命をテーマに書き上げた『道標』

毎日報道されている人の死。
必要なかもしれないけれど、毎日報道されていることの違和感。
身体や癖や性格までも自分が身内に似ている実感。
誰かが生まれた、死んだだけじゃくて、繋がっているという
命のリアリティ。
歌の始まりは「手」イメージは「祖母」
母親、おばあちゃんが頑張って来た…それを見ているから
自分も頑張れる…。

ここでお母さんが川に洗濯に行っていた事をカミングアウトしていました。




そして…
『蛍』
マシャの語りの後に
『クスノキ』
魂ラジ音源と流れました。(あれ?レポは?



音源だけで振り返るのかと思いきや、なんとなく空気が変わって
すぐにマシャの声。

こんばんは。
2015年12月14日の福山雅治です。
どうも、ご無沙汰しております。
久しぶりにわたくしこのニッポン放送のスタジオに
戻ってまいりました。

今週1週間、魂のラジオ宇宙初フルぶっかけさせて頂いた
当時のトークとともに
12月23日に発売されるベストアルバム「福の音」に
収録された46曲の中から、今夜はですね、
故郷・長崎を歌った唄、そして故郷・長崎がテーマになっている…
『蛍』なんて言う曲はね、長崎で撮った写真が
ジャケットになっている唄ということで
セレクションさせて貰いましたが。

長崎といえばね…
「18〜eighteen〜」、「道標」を発表した時は2009年でしょ。
これアルバム「残響」じゃないですか。
2009年でしたっけ?
二回目の稲佐山ですよね。
で、今年が三回目の稲佐山になるんですけども…

2015年。
有名な言葉を借りて言わせてもらえれば、やっと
冷静情熱の間でライヴができたのかなと(笑)

どういうことかと言いますと、
一番最初にやった2000年の時は
長崎を18歳で旅立ち、
誰にも音楽をやると言わずに旅立ち、
そしていつかデビューできたら、
いつの日か故郷の稲佐山でライヴをやりたいなと…。
自分の中で「約束の丘」というのは稲佐山と言うイメージ。

初めてやれたのが2000年。
この時は正直…
"伝説の夜"にしようなんていう、こう…
おこがましい考えがあったものですから、
大振りの空回りした部分もたくさんあったなという反省が
多々あるんですよ。

それはそれで若気の至りもあって
まぁ良いかなと思ったりもしてたのですが、
自分的には反省が多々あったので
2009年、9年ぶりに二度目となる稲佐山ライヴは
もう少し冷静に的確なパフォーマンスをしようと思って
それはそれで出来たんじゃないかと思ったのですが、
ちょっと冷静過ぎる部分があったなと
今度は逆に情熱側じゃなくて、
冷静側に振れちゃったみたいな反省もあって。

今度こそはと思って2015年、
今年やったんですけど、
まぁ、良いところにいけたのかな…
やっと3回目にして…という
手応えでしたねぇ、感触でしたねぇ。

ま、今回、夏のスタジアムライヴを経て、
長居、50,000人2days
そして、横浜のスタジアムで70,000人2days

ま、10代限定ライヴというものZepp東京であったんですけども
そう言ったライヴを経て、この夏の集大成としての
稲佐山と言う着地点でしたので、
僕自身のパフォーマンスも含めですけれども、
バンドのメンバーのサウンド
スタッフのチームワーク、演出の妙みたいなものも
ちょうど良い練り上がり具合だったんじゃないですかね〜。


でも、やっとですよ、
そう言う意味じゃ、デビューから25年かかってやっと。
初の稲佐山から15年かかってやっと…できた。

5年に1回ですかね、
9年ぶりと6年ぶりでしょ?

まぁ、でもな、ちょっと間が開き過ぎですかね。
ちょっと僕もワンダーランド的に…
マシャマシャワンダーランド的に
4年に1回ぐらいね、やりたいですね。


昨日、
12月14日「福の音」セレクション 第一夜のマシャの声でした
まとまりが無く、長い文になってしまいました。
今週は毎日の放送なので、マシャの声を中心にレポしてみました。

冷静と情熱の間とか、ワンダーランドとか、
どこかで聞いた事のある言葉にツッコミを入れながらも、
程よく聞こえて来る耳慣れた声のトーンに
懐かしさを感じていました


あぅ、魂ラジ〜



Comment

ナオ says... ""
みちもさん、どうもです(^-^)
私のラジカセ、ニッポン放送の福の音セレクションは、予約録音だと、何故か東京FMが録音されてしまうようなので(ノ_<。)リアルタイムで録音しています(^_^)
WOWWOW、録画失敗してガッカリする気持ちわかります(ノ_<。)私も何年か前に、ましゃが出ていたテレビ番組を予約していたはずが録画させていなくて、しばらくショックを引きずってました(ノ_<。)そんな事を思い出しました(ノ_<。)
あ、安心して下さい(^_^)今日のニッポン放送の、福の音セレクションは、しっかり録音していますから(^_^)v
2015.12.15 21:26 | URL | #- [edit]
みちも says... ""
i-260ナオ
コメントありがとう〜♪
わ、予約録音にするとニッポン放送がTOKYO FMに〜?
私もリアルタイムで聞きながら録音i-183
心配ですからね(笑)
WOWOWを録画失敗したとわかった時はショック以上に
自己嫌悪に陥ってましたi-241
再放送を待ちますi-229
2015.12.16 06:13 | URL | #myHEonuA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する