雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

TV Bros.2016年3月26日号


本日発売『TV Bros.2016年3月26日号』
本屋に立ち寄ったら表紙だったことを思い出し購入




なるべくデジタル版を買って物を増やさないようにしているのに…
ダメですね(笑)


表紙+中面7ページ。
表紙には 兄弟対談!?なんて書いてあるから何のこっちゃ?
と思っていたら、TV Bros.さんがBROS.繋がりで、親近感を持っている
というカミングアウトをしていましたよ



実は今回が TV Bros.初表紙&初登場のマシャ!
テレビ番組雑誌に登場は多々あるので意外でしたね

インタビューはもちろん月9ドラマ『ラヴソング』の話題。

西谷監督とのタッグ。
監督の撮影の特徴。
神代広平を演じるにあたってイチから作り上げる。

インタビューでは広平をどうやって演じようとしているか
語っています。


それからさくらちゃんのこと。
オーディションの時、マシャがいるって知らされていなかった彼女が
扉を開けて入って来た時のリアクションが新鮮だったと語っています。


そのリアクションが書いてあったんですけど…
さくらちゃんがどんな感じだったのか何となく想像できちゃいました(笑)

そして一番気になる劇中での演奏シーン。


新しい仕掛けを用いて
撮影しようと思っているんです。
これが挑戦してみないとどうなるか分からない、
無謀とも言える試みで(笑)


と話しはまだ続いているんですが、これを読んだだけで、
このドラマの音楽シーンが待ち遠しい。

フジテレビを見ていると、何度もスポット映像が流れてますね。



広平がギターを弾いてるシーン…
あそこだけはどうしてもマシャに見える。
容疑者Xの献身での登山シーンも湯川先生がマシャに見えたように…(笑)
マシャに見えてしまうのは、まだドラマが始まってないからかな?
広平像がまだ見えてないというか・・・ 
あ、でも湯川先生、雪山に登ってる時、完全にマシャに見えたもんな
その辺もドラマを見てからのお楽しみ
さくらちゃんとの音楽シーンはもっと楽しみです


あ、雑誌TV Bros.の話題に戻りますが…
マシャと同世代の男性の読者が多いTV Bros.
インタビューの締めくくりには、その読者へメッセージ。

10〜20代が草食世代と言われているけど、30〜40代のDNAの中にまだ
「夜這い」という欲求が残ってる世代だと思ってるそうです(笑)

と、抜粋して書くとマシャ、何を話してるの?って事になりますよね
ま、どうなるかわからないけど、積極的にいっていただきたい…
という話しをしています

あ、先日の一夜限りの魂ラジでも話していた、
今は女性より男性と話す方が気を遣う。
なんて話題にもなっていましたよ

この雑誌の表紙を見れば衣装はわかりますね。
これに革ジャンを羽織っている写真もありました。

私としてはヘアスタイルはパーマ緩めでお願いしたい(笑)
もう少し、クリクリしていない感じで…
でも広平さんがこう言う感じの人なんですよね、きっと




追伸
25ページに大根仁監督のコラムがあって映画『SCOOP』
ダビング作業が終わったという話題をしています。少しだけだけど…



Post comment

管理者にだけ表示を許可する