雅治氏な日々

福山雅治サンを追いかける日々(ましゃファンブログ)

月9「ラヴソング」第3話


月9「ラヴソング」第3話(2016.4.25放送)





今回のチェックポイントはやっぱり…




佐野さくら with 神代広平 ステージへ


このユニットの演奏は…
ミュージシャン 福山雅治藤原さくらでした

マシャはギターを持つとミュージシャンの顔は隠しきれない。
さくらちゃんは、歌姫に変身しちゃう。


やさしさに包まれたなら
Your Song
Summertime
500マイル


ユーミン からの LOVE PSYCHEDELICO
Summertimeになったら完全に藤原さくらちゃんの持ち味が出て、
500マイルはすっかりオリジナルにしていた。

歌うさくらに向ける広平の優しいまなざしも、
思わず声を重ねてしまったように入るハモリも、
台本にはない、現場の流れで出来上がったのではないかと
思ってしまいました。


涙腺うるうる。
空一と真美の涙が余計に涙を誘いました




行くぞ、さくら


ステージの前に緊張しているさくらを気遣う広平。
屋上でタバコを吸うさくらにツラレてタバコを吸うのかと思ったら、
やめた広平。

カープの話しをしたり、黒田選手の話しになったり。
少しずつさくらが自分の気持ちを広平に打ち明けながら、
このままじゃ歌える気がしない と弱音を吐く。

やっぱ、今夜、やめとくか。

とあっさりと広平が言うと、


でも…歌いたい。

さくらちゃんがちゃんと自己主張しています。


じゃ、どうする?
俺、どっちでも良いよ。


これはもう神代先生ではなく、広平としての素に近い。
そこにさくらが本音をぶつける。

先生のことを思って歌ってもいいですか?

さくらちゃんの精一杯の告白。
陽性転移という言葉を知っていたさくらに
微妙な顔の広平。

これで歌えたら次に進める気がする。

最後の勇気を振り絞って伝えたさくら。
広平がさくらの顔をじっと見る。
もう一押し…
さくらは衝動的になっていて、自分の気持ちを
抑えられなくなっているのかな…

先生にギター弾いて欲しいと
もう言わないので。


さくらの恋心がせつないなぁ。

だから…最後に。

あんなに勇気を出したのに、何も言わない広平。

やっぱり…ダメか!

さくらが諦めかけて広平に背中を向ける。
そんなさくらに何かを感じ広平が呟いた言葉は・・・

「次に進む」か。

広平の心も動き出していたんですね。

じゃ、
今夜はキミだけを思ってギターを弾く。



えっ?

これ、さくらちゃんのセリフですが、私も同じ想いです。

キミだけを思って…

ハイタッチした二人はステージに向かいます。
そこでも広平のキュンセリフ

いくぞ、さくら!

扉を開けてそっと背中を押す広平。
そこからステージのシーンに移り行くのだけど…

ここ、ここ、完全にハキューンなシーンですよね?
キミだけを思ってとか、今まで佐野サンと呼んでいたのに、
いきなり「さくら」だもん。

だからこの後に続いたLIVEシーン、
二人のギターと歌が素晴らしく、素敵なユニットでした。
この時『S』にいたかったとどれだけ思ったか。
こう言う雰囲気でのLIVE、すごく素敵なんですよね。




さくらの恋心に釘を刺す夏希



LIVEに出ることを知らなかった夏希が広平に文句を言いながら、
パソコンのキーボードをカタカタ。
ここでさくらちゃんが恋心を広平に恋心を抱かないように
気を付けなと釘を刺す。

さくらちゃんは自分のクライアントじゃないとか、
ステージに立てと言ったのは、夏希だとか…
バリバリに言い訳しています、広平サン!

パソコンのキーボードを思い切り叩いている夏希に

嫌いなんだよね。
カタカタ、ターンっていうの。


完全な八つ当たり。

あ、そう!じゃ、出てけば。
(カタカタ、ターン!!!!)


夏希も負けずにキーボード叩きまくってます。
それにイラっとする広平。
思い切り不快感を顔に出しております。

ケースから取り出したギターでジャカジャカジャカ!って。
カタカタというキーボード音にギターで対抗。

それに負けずまた夏希がカタカタ、ターン!
同じくギターでカジャカジャカジャカ!

二人とも…子どもですか?(笑)

ところが…
ムキになってる二人の音が、いつの間にか良い感じに合わさって
即興セッションのような興奮する音に変わってしまっていました。


さすがです



歌えなかった一曲


ステージが終わったのに観客からアンコールを貰うさくら。
広平も満足げな顔をしていたのに、さくらがもう一回歌いたいと言うと
顔つきが変わって…ステージから去ってしまった。

さくらちゃんはきっと広平がリクエストに答えてくれると思ったんでしょうね。
現実を目の当たりにして、トイレに駆け込んで泣いているさくら。

これまた…せつないなぁ。



『S』からの帰り道


『S』から帰る夏希と広平の会話。
最後列で二人はバスに揺られています。


アンコールやってあげればよかったのに。

と、夏希が私達みんなの疑問を広平にぶつけます。


未練がましくなるだろ


さくらちゃんの思いに?広平自身に?

えっ?どう言う意味?

私も聞きたい!


今夜のステージでおしまい。
俺は引退。



引退って、今更…


何かさ、曖昧なままに終わってたじゃん
20年前。

いい加減、ケリつけようと思ってさ。
今夜のステージに上がる前に
そう決めてたんだよね。


曖昧なまま…
コレが一番、尾を引くんですよね。
わかります、わかります。
私も思い切りソレがあって…まだ引っ張ったままです

これで広平はケリが付けられたのか?
今後の展開を期待しながら、私の"曖昧まま"を重ね合わせるのでした…。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する