雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

『追捕 MANHUNT』クランクイン



ジョン・ウー監督×福山雅治『追捕 MANHUNT』クランクイン






ちょうど、一週間前に『ラヴソング』が終わったばかりなのに…
もうマシャは次のお仕事へと…。

しかしこの記事の写真。
また頭ひとつ大きいですね〜背が高い!
そして…


「福のラジオ」 で話していた堅い感じ。
静止画ですが、ここでも漂っていますね
それがまた良いんですけどね










なかなか時間と決心がつかなく(どうして決心?!)高台家の人々
映画館で観ていないのですが、この間の「福のラジオ」を聴いて
斉藤工さんが演じる高台光正様を見てみたくなりました

マシャが「高台家の人々」を観て感じたこと。



女性が好きな王道ラヴストーリーと聴くと
男性としてなかなか感情移入しづらい

見方を変える瞬間というのが
この映画にもいくつかあって
あれ?これって乙女心のおとぎ話じゃなくって
もし本当に人と人がこういう風に
心の中をのぞくことになったら、これは切ないし、
ある状況に置いてはとても悲劇的なことなんじゃなかと
あるポイントから少しずつ描かれていて
そうなるとググググググっと入っていくんですよね、
やっぱり。



斉藤工さん、マシャの感想にわかってらっしゃるというように
感嘆の声を上げてお喜びになっておりました。
そして光正様・・・じゃなくて斉藤工さんからは

前半はコメディ。アップテンポなラブコメ。
途中から映画のジャンルが変わるくらい
グッと本質的な…
主導権が高台光正から木絵ちゃんになっていく。
見ている方達も必然的に木絵ちゃんの目線で見えていく。

人の本音がのぞけるというのは
今のSNSなどのように見たくないモノまで見えてしまう。

人の本音って僕は見えない方がいい。
見えてしまうということは残酷な物を背負ってしまう。

結構、現代に当てはまる。
本質がどこなんだということが見えにくくなっている…

だから木絵さんみたいなまっすぐでピュアなところに
光正が惹かれるということは非常に自然。



なんてお話を聞いたら…映画館へ行きたくてウズウズ。
コミックを読んで私が感じていることと、映画を観て感じることを
比べてみたいじゃないですか!

あと、斉藤工さんの光正様。
私の光正様像とは違うと思いますが…
やっぱり見たくなりました

ちなみに私が光正様が好きなの理由は…
容姿も抜群に整っていて、仕事も完璧なエリート会社員なのに、
木絵のくだらない妄想に癒され、自然と笑えるようになっていく姿。
そのギャップがたまらないのです。
あと木絵ちゃんのバカらしい妄想も…

おっと、また熱くなってしまった。
映画館、いつ行こうかな〜


斉藤さん、「SCOOP!」 も楽しみにしていますっ!


Trackback

trackbackURL:http://webmasha.blog37.fc2.com/tb.php/2520-a2d0a95a