雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

龍馬伝【第15回】:ふたりの京

大河ドラマ:龍馬伝 第15回「ふたりの京」


お加尾ちゃんと以蔵と再会できた龍馬サン。
この回は、ほとんどの時間、龍馬サンが登場していたので、
目が離せませんでした

それにしてもお加尾ちゃん、とてもキレイになってました
龍馬サンもひとつの部屋で、お加尾ちゃんと二人きりなら、
ソワソワしちゃう訳ですよ(笑)


顔が見れんちゃと、自分の顔を手の平で
ピタピタとしているトコなんて...
可愛い龍馬サンだこと


龍馬さんに逢いたかった
と、言われた後、加尾...と呟いてお加尾ちゃんを見つめている時の
龍馬サン...半開きの口が...大好きです(爆)
えっ? そんな告白はいらない!?



その後は大人の男と女...
龍馬サンがお加尾ちゃんと見つめ合って抱き寄せて、畳に倒れ込んで...
来たか!接吻 と、息をひそめて、目を凝らして見ていたけど、
肝心な口元は龍馬サンのクルクルした髪の毛で見えなかったので、
ひと安心現場を見なければ、大丈夫!(現場って何?!)

もし見えていたら、我が家のREGZAにモノでも投げていたかも...
と呟いていたら、隣にいた旦那が、
テレビが壊れる!
そんな事をしたら、ゲンコだ、ゲンコ

と言われた良かった、ゲンコが飛んで来なくて


幕末のラブシーンはこんな感じなのね
と思う間もなく、幕末ラブシーンと交互に映し出されて来る、
以蔵の人斬りシーン

暗くて見えづらい描写が、
人斬りの残酷さと以蔵の恐怖心を見せてくれ、

行灯の暖かい灯りが、龍馬サンとお加尾ちゃんの
心と体を通わせたシアワセを見せてくれた場面。


それが交互に映し出された時は、対照的で
幼い頃に一緒にいた幼なじみなのに、
大人になり時代に翻弄され進む道が、
どんどん変わって来てしまったように
思わせる場面でした



龍馬はあんな男だったかの?
帰る時に以蔵に思わせたほど龍馬が成長した事を見せてくれるシーン。

以蔵と再会した時に 人違いだ と逃げた龍馬サンは...
滑稽で面白かったです

抱き付く以蔵...!
それまで安否がわからなかった龍馬サンと逢えた事を
心から喜ぶ様子が、十分に伝わって来る場面でした

私が以蔵でも....龍馬サンに抱き付きます
あら?このは何? 抱き付く意味が違う!?(笑)





久々に酒を飲み交わす龍馬サンと以蔵。

以蔵は武市サンから命じられている大仕事の話をし出す。
何かを察し、眼光が鋭くなる龍馬サン。
いい気分になった以蔵が、つい口走ってしまいそうになる。
それを、いつのも龍馬サンに戻って話を止めたけど、

人の道に外れた事をしたらいかんぞ
と、釘をさす。

そして以蔵が根は心が優しい事をわかってくれている。
強い男は滅多な事で剣は抜かない。と諭してくれる。


龍馬はあんな男だったかの?
話していると楽しくて、気が楽になったと以蔵は帰ってゆく。
とても見えづらい事だけど、本当は武市サンよりも以蔵の事を
想ってくれているのは龍馬サンみたいな人。

以蔵が帰ってから、人斬りをさせられている以蔵を想い、
怒りで爆発しそうな龍馬サン。


それを見ていたお加尾ちゃん。急に京の言葉になり
強くて凛々しい女性に変わった瞬間。


国を良くしようと言う志で動こうとしている龍馬サンを
自分の元から送り出す瞬間。

勝麟太郎軍艦と言う言葉を出した途端、
龍馬サンの目の色が変わり、頭が勝麟太郎や軍艦
いっぱい


そんな龍馬サンを複雑な気持ちで旅立たせたお加尾ちゃん。
カッコ良いな...。うん!

ふと、あの広告の一文を想い出しました。


男は生まれたときは男として完成していない。
らしい。

女性の存在を知って自分を男にしていく。
らしい。






しかし...弥太郎サンだけは、コントをしてて...
最高です


Comment

sally says... "No title"
加尾さんと2人になった時の龍馬さん 照れててかわいかったですねー。
キュン キュンですっ。自分が加尾になった気分でみてましたが その後の接吻。
何度 みてもジャラシーですよー。ここだけは加尾ではなく素の自分がいました。
でも ホントにしてるの!?(笑)と気になり何度か目を凝らしたけれどわからず。。。
2010.04.12 12:36 | URL | #- [edit]
ナオ says... ""
みちもさん、こんばんは(^O^)/
私も昨日、龍馬伝見ましたよ(^O^)/
あの龍馬さんとお加尾ちゃんのキスしようとしていたシーンは、ドキドキしちゃいました(^_^;)
でも、お加尾ちゃんが龍馬さんを送り出すところは、切なかった(/_;)/
弥太郎さんには、まだまだ笑わせてもらいたいですね(笑)
ちなみに、うちのお父さんは、龍馬伝の時間になったらテレビの前に座って見てました(^_^;)
2010.04.12 18:07 | URL | #- [edit]
まり says... "こん接吻?"
あ~~!あ~~!

みちも、わたしはゆうべから、溜め息ばかりついてます!

『ごめんちゃ!加尾、ごめんちゃ・・・』

涙なくしては見られなかった!

辛くて、今回はまだ1度しか見ていないのです!
加尾との別れを暗示するシーンも、武市さんのやってることを知り憤慨する顔も、わたしの胸にグサグサ刺さってきます!
2010.04.12 20:30 | URL | #- [edit]
mitu says... "やっぱり"
みちもの感想いいな~
以蔵との再会シーンは意表つかれました。
以蔵に見つかっちゃって「人違いじゃー、わしは長州のもんじゃー」とか言うのも構わず
「龍馬~」って抱きついちゃうなんて、うらやましーぞ(笑) そっちかいって?
いえいえ、
会いたかった人と4年ぶりの再会。そしてめおとのような日を過ごしながら、一緒に生きては行けないと、別れを決意する二人の涙、に涙。。。
「引き裂かれた・・」の時は理不尽で泣けませんでしたが、今回は切なかったです。
加尾はとても聡明な女性だったそうですが、本当に賢く潔い決意で龍馬の背を押し、受け止めて更に進化し続ける龍馬、と思うとまた泣けてきそうです。

と、ここまで書いてたら、レグザましゃのCMが。 そうそう、ゲンコツされなくて良かったね~(笑)

2010.04.12 23:53 | URL | #- [edit]
みちも says... "コメントありがとう!"
i-260sally
コメントありがとうi-199
だよね!?お加尾ちゃんとのあのシーンの龍馬サンったら、可愛くて
可愛くて....i-237
接吻の時、私は妙に冷静でした(笑)でも見れば見るほど、
ヤキモキしちゃうねi-229


i-260ナオ
コメントありがとう!
もし自分が、お加尾ちゃんの立場なら、あんな風に龍馬サンを
送り出す事ができたのかと思うと...未練タラタラだったかもi-229
龍馬サンが雅治氏なら尚更...(爆)
弥太郎さんは、本当に面白い!!よねi-278


i-260まり
コメントありがとう!
龍馬サン、第一部に比べたら、随分とキャラも変わって...
だけど根本的な部分、強くて優しいところはそのままで...
お加尾ちゃんとの別れのシーンも、やり切れない想いを表情に
出す場面も、切なさがいっぱいだったねi-241


i-260mitu
コメントありがとう!
あはっ...普段の会話もこんな感じの私ですi-229
だって...抱きつきたいでしょ?龍馬サンに出逢ったら(爆)
進む道が違う龍馬サンとお加尾ちゃん。お加尾ちゃんが土佐に
帰るシーンも切なさが増して見えましたi-241

2010.04.13 06:54 | URL | #myHEonuA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webmasha.blog37.fc2.com/tb.php/754-92bd6c89