雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

龍馬伝【第18回】:海軍を作ろう!

大河ドラマ:龍馬伝 第18回「海軍を作ろう!」


この回で1番好きな場面は、以蔵が勝先生を斬りにやって来て、
龍馬サンと出くわしてしまうところ
以蔵が勝先生を斬りに来ているのだから、それなりの覚悟でいたはず。

聞こえて来る勝先生の話に相づちを打っている相手を盗み見している。
その相手とは、龍馬サン...

勝先生が上様がご上洛された時に百万両かかったと言えば、龍馬サンは
それはバカげた話しやニャ~!
と、先生の意見に同調する...ん?

ニャ~?!...
今、龍馬サン、ニャ~!って言った?!
え~~?!




イヤイヤ、違いました(笑)ノベライズ本で確認したら、
それはばかげた話やねやに、なっていました。
それがニャ~に聞こえたアホな私です
しかも...マシャ、可愛いって勘違いまでして(爆)



話は、元に戻しますが...
偽名を使って、声のトーンまで変えて、何とかみつからないように、
その場を去ろうとしていた以蔵に静かに近寄って、顔を近づけ...
この近付いている顔が、まっこと...ステキです

そこで言った一言が、以蔵...
低音ボイス、シビれますな~




そして名前を呼ばれてひっくり返る以蔵。
そりゃ~、
勝麟太郎を斬りに来て、龍馬サンに見つかってしまうんだから、
やましい気持ちで焦ってしまうでしょう


すべてを悟った上で、勝先生が地球儀を出し、日本は世界に比べたら
こんなに小さい事を教えると、

え”~~~~!!!と、あの大きな目を更に大きくして驚く。
それを見てえっ?と驚く龍馬サン。


まっこと、知らんかったが?
って、龍馬サンも初めて世界地図を見た時、
同じように驚いておりましたが...
まっ!それはまだ龍馬サンが、今よりも随分と若い頃でしたもんね



以蔵の心の迷いを知ってか、知らずか、勝先生はどんどん
以蔵を自分の領域に引き込んでしまう。
時には、人間、こう言う事も大事。
自分の意思とは別に、周りの勢いに流される。
まっ!この物語は、歴史がわかっているから言える事で、
実際、自分が渦中にいると見えないんだけどね。


龍馬サン、京に来た1番の目的...
勝塾のみんなが戦をする為に、学んでいる。
それは違うと言う事をどうやってわからせられるか。
と勝先生に相談する。

しかし勝先生の一言は放っておいて良い
困惑する龍馬サンと、
二人が何を話しているかわからない以蔵を前に、
本当に先生と言う言葉がぴったりなわかり易い言葉で
ひとつ、ひとつ説明してくれる勝先生。

人は言ってもわからない。
肌で感じるもの....



勝塾の良い所を並べてみる勝先生。
藩の壁がないというと、場面は勝塾で自己紹介をする
望月亀弥太、高松太郎、千谷寅之助 のまだ何かに
反感を持っている姿が映る。


上下の隔てがないと言えば、
その3人が仲間に助けられながら、学んでいる姿。
戸惑いながらも、一生懸命で
問題が解けた時の顔が生き生きしている。


西洋の学問を学ばなければならないと言うと、
六分儀を覗き込んだり、塾生たちと「ABCの歌」を歌う姿。

ふてくされながら勝塾に来た3人が、みるみるうちに、
生き生きとした笑顔になって行く様子が描かれていました
それほど、勝塾が若者に夢と希望
与えてくれていたんでしょうね。

こうやって、人は肌で感じてゆくのだと、
改めて教えて貰った場面でした



勝先生が龍馬サンの悩みを解決してくれた途端、勝先生にお礼を言い、
大坂へ帰ろうとする龍馬サン。
え~!以蔵には挨拶もナシ?と思いましたが、
去り際、立ち止まり
勝先生を頼んだき! と、ただ一言だけ。
すぐに行動に移してしまうんですね!


そんな生き生きとした龍馬サンを見送った勝先生。
なぁ...以蔵...
なんでお前は、
ああいう奴と付き合わねえんだよ?


この一言、龍馬サンの人間性すべてを認めて貰ったような、
ありがたいお言葉でした


ふてくされながら来た3人と言えば、宿に着いたばかりで
龍馬サンと出逢う場面。
長次郎と亀弥太が言葉を交わすのを見て、前々から気になっていた
TEAM NACKSの公演を見たくなってしまいました



先週の予告で放ったまま、1週間待った龍馬サンの
いかん、いかん、いかん、
いかん、いか~ん!!!!!



長次郎サンと、徳サンの会話で考えがまとまらない龍馬サンの
ソワソワ感が可愛かったです。
寝転んで持った棒状の物をゆらゆら、
足をパタパタ。

ココ、妄想が爆走します。もし同じ屋根の下に一緒にいられたら
こんな雅治氏の姿が見られるの~?!ってね
でも雅治氏は、普段はこんな風に
ダラダラとしてないかな~!?とかね
ええ...妄想です!!!(爆)


そして徳サン役の酒井若菜サンが登場した時、
なぜかコミカルな事が起きるんじゃないかと
期待していましたが、ソレは無かったですね
ええ、間違いなく キシリッシュ福田篇の残像です(爆)




今回も大殿様の怖いこと、怖いこと
その恐ろしさをもう龍馬サンは感じていたから、
勝塾に3人が送られて来た経緯、
大殿様に武市サンが命じられて
3人が勝塾やって来た事を聞いた龍馬サンの顔は、
何とも言えない、面持ちでした



武市サンの周りには、誰もいなくなってしまい、
龍馬サンが京から勝塾に戻った時は、大勢の仲間が迎え入れた。
武市サンと龍馬サンの運命が、正反対に動いている様子が伝わり、
哀しくもありました。



最後に見せた方位を表す言葉を発する龍馬サンの顔と手の動き
ライブ禁断症状が出ている私には、
まだまだ行きますよ...アリーナ
って、聞こえてしまうのは症状が悪化してますか?






Comment

クロノ says... "みちもこんばんは。"
顔を近づけ「以蔵」って言った時は私もハァ~i-178っとなっちゃいましたi-237
言われてみたいi-229
容堂が何か話すたびマシャがマネをしていたのを思い出し
似てる似てる~と・・・
真剣なシーンなのに気持ちがそっちへいっちゃいましたi-229
あの雰囲気のなかではやっぱり「こんど~です」とは言いずらそうですねi-179
まだまだ行きますよ・・・アリーナe-292 
あれi-198言ってなかったのかなぁ~私も聞こえた気がしたけどi-229
2010.05.06 20:42 | URL | #- [edit]
サミィ says... "今回 最高~♪"
今回の 龍馬伝 楽しかった~♪
今までで 一番おもしろかったかな。
勝先生と 龍馬と 以蔵の3人のやり取りが 可笑しくって・・・
ファン目線からみれば 福山龍馬の魅力がいっぱい
詰まった回だったと思います・・・。

それとは 裏腹に 容堂の不気味さそして
 武市先生の 先行きを
考えると 恐ろしくて ちょっと 身動き出来ないシーンもありました。
恐ろしや 容堂・・・。

私も DVDの影響か ますますLIVEに行きたくってしかたありません・・・
もう 限界・・・・。DVDじゃ 物足りないです・・・。
2010.05.06 23:02 | URL | #- [edit]
みちも says... ""
i-260クロノ
コメントありがとう!!
あれ?あれれ~?!クロノにも、聞こえました~?!i-235
やっぱり私達、ライブ禁断症状が悪化しているみたいですねi-241
これを治してくれるのは、やっぱり雅治氏のライブでしかないよねi-177
私も大殿様がセリフを言う度に、雅治氏のモノマネが浮かんで来ちゃいましたi-229


i-260サミィ
コメントありがとう!!
大殿様の不気味な恐ろしさが際立った回でもあったね~i-238
怖い、怖い~~~!!!
でも龍馬サン、勝先生、以蔵のあの場面は、本当に面白くって見入っちゃいましたi-175
たけるんは、ご本人のBLOGによると龍馬伝をクランクアップした
みたいですねi-228 お疲れ様でした♪

2010.05.07 06:58 | URL | #myHEonuA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webmasha.blog37.fc2.com/tb.php/774-497b6c07