雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

龍馬伝【第26回】:西郷吉之助

大河ドラマ:龍馬伝 第26回「西郷吉之助」



西郷吉之助を訪ねて行ったり、
神戸村海軍操練所の最後を迎えたりしたこの回ですが、
やっぱり私はココが好き


陸奥、陸奥、おまんも来いや
え~~?!ココ?! とお思いでしょうが....
間違いなくココです(笑)

操練所が閉鎖して、次々と国元へ帰る仲間達を見送り、
残ったのは脱藩組だけ...

長次郎、惣之丞、寅之助、太郎...そして龍馬サン。
と思ったら、

陸奥、どういておまんが残っちゅう?!

土佐脱藩組とはちょっと離れたところに座っていた陸奥。
自分も脱藩浪人だから、帰る所が無いと言う。
あらら?登場して来た頃の陸奥とは、別人のようにしょげてるわ

龍馬サンが、みんな元気を出しや!
と、旅立ちを促すと、そのまましょげている陸奥に向って

陸奥、陸奥、おまんも来いや。
それでもモタモタしている陸奥に

はよ、来いや!
まだ遅れを取ってる陸奥。

飯や、飯!
飯を食うて酒を飲んで

(ここで少しの間があり)

そんで考えよ!
このひと言を言った龍馬サンが....可愛い


はよ、来いや!!!
陸奥、おまん!

龍馬サンのこの言い回しが可愛くって....

やっとみんなが一緒になって操練所の門をくぐる。
淋しくて心細くて、この先どうなるのか不安なはずなのに、
龍馬サンは陽気に振る舞う。まずは腹ごしらえ....と

惣之丞、おまんが頼む!
え~~?!人のお金~?(笑)

金はない! と言われ、そうじゃの!
陸奥、おまん、金があるろう...

やっぱり人の....!!笑えます


しんみりと操練所を去るところが、束の間でも気持ちを
和やかにさせてくれる龍馬サンにきゅん

このシーンが妙に好きです


この後、旅の途中に寄った海を眺めながら、龍馬サンが考えていた事は、
西郷吉之助と話したこと。

本当はひとり考え悩んでいる....


西郷サンと逢って話した事はおなごの話....じゃなくって、
蛤御門の戦で焼け出されたお龍サン家族の話を持ち出し、
日本人同士で戦を始めたら異国に付け入られる。
長州征伐はやめてつかあさい!


どうりで...龍馬サン、
待っている時も家臣が来た時も、そして西郷サンが登場した時も
鋭い目で方々を見ていた訳だ!


長州の味方か?と聞かれれば 日本人の味方と言う。
勝先生の弟子らしいと西郷サン。

しかし
それが甘い!だから操練所も閉鎖に追い込まれたと...

西郷サンは、怖い笑顔....笑っているのにそう見えない笑顔で
龍馬サンが敬う勝先生を容赦なく切り込む。

龍馬サンには、もう何の後ろ盾もない脱藩浪人。
意見出来るような立場じゃない!
と、厳しく恐ろしい雰囲気を醸し出しながら圧力をかける。
と思ったら...

じゃっどん...
そげなこつはわしは気にしもはん。


西郷サンの話がガラッと変わる。
薩摩藩は船乗りが欲しい、蒸気船を操れる龍馬サンたちが
来てくれるとありがたいと言う。


実は勝先生が西郷サンに脱藩組を引き取ってもらえるよう
話をしていたのに、龍馬サンったら....
西郷サンは龍馬サン次第だと言い残し、その場を立ち去った....
でも、これが操練所を後にした龍馬サンの悩みになったんだよね。







とうとう操練所が最後を迎えた日
海軍操練所は、本日、ただいまをもって幕引きだ!
しかし、お前らにとっては、これが船出だ!

それまでは、勝先生にどこまでもついて行く
涙ながらに訴えていた訓練生たち。
龍馬サンの目も赤くなって涙が溜まってる。


脱藩するには年を取り過ぎた。
お前さん達にはたっぷり時間がある。
これからお前さん達の舞台の幕が開ける。
今まで日本と世界を隔てていた海が、今は世界と繋がっている。
お前さん達の腕で日本を変えてみろ!

君たちは、俺の希望である...


もうね...金八先生を見ていた小学生に戻りました...私!
先生と言う言葉がぴったりな武田鉄矢サンの演技。
厳しいところもたくさんあったのに、
最後にこんな風に慈愛に満ちた言葉を放つ。

感動です




腹をくくった龍馬サン...
先生の仰せるとうりぜよ。
わしらは、何やちできるぜよ!


操練所の閉鎖は、悔しいけれど、哀しいけれど、
前を向いて歩いて行かねばならない。


龍馬サンの掛け声で整列した訓練生たち。
ありがとうございました!!!
圧巻でした!カッコ良かったです!!


勝先生との別れ、西郷サンとの出逢い、陸奥と共にする旅。
人との出逢いや別れに、
なにひとつ無意味なものはない。

しみじみと、感じる回でした





はよ、来いや!陸奥、おまん!
やっぱり、この龍馬サン...好き(笑)
↑ まだ言うか、自分...



ところで坂本家に来たあの方....
長崎出身の蛭子能収サンでしたか?


Comment

ふくまる says... ""
私もあの操練所を出発する時の
人の金で飯!?に笑いました(^^;
どんなシーンにも、細かいお仕事ぶりが
さすが大河ドラマですね!

回を重ねる毎に、自然に龍馬さんに見える
これって 凄い事なのではないでしょうか!?

何事も完璧な男・福山雅治ですねi-189i-189
2010.06.30 20:26 | URL | #1wGxrgcg [edit]
ゆうふる says... "はよ、来いや!と言われたら・・・"
みちも!こんばんは~!
龍馬さんに『はよ、来いや!』と言われたら、きっと
『は~いi-233』とひとつ返事でついて行っちゃうでしょう(笑)i-278
あっ!これは私の話で・・・ってみちもも?(笑)i-278
あのシーンは、会話も普段っぽくて私もお気に入りですi-228 

蛭子さん・・・後ろ姿なのに、第一声で分かっちゃいました(笑)i-278
これは投獄されますか?(笑)i-235
2010.06.30 23:02 | URL | #Qfxtypuk [edit]
みちも says... "コメントありがとう!"
i-260ふくまる
コメントありがとう♪
うんうん、細かい部分が面白かったりウルッとしたり、
色んな場面で楽しませて貰ってます!さすがですi-199
龍馬伝に至っては福山雅治でもないし、今までの坂本龍馬とも
ちょっと違う新生・坂本龍馬が出来上がって来ていますねi-175
スゴい!!!


i-260ゆうふる
コメントありがとう!!
「はよ、来いや!」って言われたらね、待ってましたとばかりに
素早く付いてゆきますi-246
あの場面、なんかね、何度も見たくなるのよねi-237
惣之丞もイイ味、出してるし、龍馬サンもらしいし、
陸奥も....これからどうやってカミソリ陸奥になるのか
楽しみですi-199
2010.07.01 06:50 | URL | #myHEonuA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webmasha.blog37.fc2.com/tb.php/810-ec5f5aa7