雅治氏な日々

福山雅治サンのことと興味があることをツラツラと綴ってます。

龍馬伝【第28回】:武市の夢

大河ドラマ:龍馬伝 第28回「武市の夢」


武市サンの最期、以蔵の最期、
しかと見届けました

このような場面の描き方は様々だけれど、
このお二方の最期は、いつまでも印象に残るでしょう。

なつを想いながら最期を迎えた以蔵。
顔はシアワセそうな微笑みにすら見えて来る。
すべてが終わり、遠目に見えた横たわる以蔵に涙。


立派な白無垢姿で宣告文を聞いている武市サンの顔は、
やっぱり凛々しく清々しい。
腹に短刀を刺す武市サンに介錯人が刀を下ろそうとした時、
待ちや!
と、最期まで武市サンらしい立派な姿...。
今では想像もできない事だけど、これがこの時代の立派な最期
言うものかと考える一方、
すべてが終わった武市サンのぼやけて見える顔と対照的に
鮮明に映し出される血に染まった地面の映像を見ながら....


龍馬サンの最期を想像してしまい、
変な感情で号泣してしまいました


ダメダメ!まだ想像しちゃダメ~~~~




そんな印象深いシーンがある中、やっぱり龍馬サンと弥太郎のフッと
笑いが出るシーンは欠かせません。

逃げたはずの龍馬サンが、武市サンに逢う為に弥太郎を不意打ちで
襲う(?)場面は可笑しくって!可笑しくって!!

弥太郎サンを倒し、驚かせた時の龍馬サンのしてやったり!顔
お茶目です


あ~、
弥太郎になって龍馬サンに押し倒されてみたい

オイオイ





追われている身でありながら、牢の武市サンに逢わせろと無茶ぶりを
発揮する龍馬サン。弥太郎も無茶と思いながら、ちゃんと逢わせてくれる。


武市サンと龍馬サンが逢うのはどれくらいぶりなんだろう?
あの攘夷決行の夢が破れて、道場での別れ以来だろうか?

龍馬?と言う武市サンの前で、
はい、龍馬です。武市サン。嬉しそうな龍馬サン。


もう大丈夫ですき。
武市サンも以蔵も牢から出して貰えるき。



龍馬サンは自分が罪を被ったから、武市サンが助かると言う事を
告げに来たはずなのに、すべてを大殿様に言ったと言う武市サン。


龍馬サンの愕然とした顔とは真逆で、武市サンは清々しい顔をしている。
切腹を許されたこと、大殿様が地べたに座って声をかけてくれたこと。
10年前に土佐は上士も下士も無くなると言う龍馬サンを想い出し、
まさかこんな日が来るとは、当時、思わなかったと言う。

これは、奇跡じゃ、おまんが起こしてくれた奇跡じゃ。
尊王攘夷を訴えていた頃の武市サンではなく、
優しい温和な顔の武市サン。


おまんのやるべきことはもっと大きなことじゃき。
この日本を異国の侵略から守り、独立した国にするがが、
おまんの役目ぜよ!



格子に福山龍馬の小さい顔がすっぽり入ってしまうんじゃないかと
思うくらい、武市サンに近付き涙を零しながら手を取る龍馬サン。


武市サンも一緒にと訴える。
生きて....一緒に、武市サン!!


首を横に振る武市サンに、まだ何か言おうとしている龍馬サン。
龍馬、龍馬...龍馬!龍馬!!!
弥太郎が龍馬サンの肩に手を置き
武市さんはおまんに託したがじゃき。
自分の志を、おまんに成し遂げて
欲しいと言うがじゃきぞ!



弥太郎の目にも、いっぱい涙が溜まっていてこぼれ落ちる。
弥太郎も人間味のあるお人になったなと思ったら、

弥太郎、おまんも偉うなりや。
誰よりも出世するかじゃぞ!

と、武市サンに言われた時、
当たり前じゃ!
と、返す弥太郎はやっぱり弥太郎らしいなと...!
でも涙がポロポロと落ちる瞳を見てたら憎めない...



龍馬、おまんもじゃ...
がんばりや!

そう武市サンに言われても、懇願するように振り絞る声で

武市サン!!!
と手を握る龍馬サンの泣き顔。
その顔がせつなくて...せつなくて....。


まだ何かを言おうとしている龍馬サンに、もう行け!と言う武市サンの
手をほどいた瞬間、流れるBGMが変わり、龍馬サンの気持ちが
切り替えられた事が伝わって来る。


ありがとうございます!
ありがとうございます!

と、深々と頭を下げた龍馬サンはなかなか武市サンの元を
離れられない。
それでも感情を断ち切って立ち去るのはツライはず。


これが武市サンとの
本当の別れとわかっているから



そんな心情がしっかりと伝わって来ました。





での脱藩六人衆!
わしらは、薩摩へ行くがじゃき!
龍馬サンが一大決心をみんなに告げる。

長次郎も驚いていたけれど、左後ろにいた陸奥陽之介サン、
アナタ、驚き過ぎじゃありませんか?(笑)
見てるこっちがビックリしました


したたかな西郷サンに使われてしまうと言うみんなの心配に、
どんな船でも操れる、誰にも縛られることなく
己の道を進めるじゃき!

と言う龍馬サンの自信たっぷりな言葉。

己の道...?

それは、この国を洗濯することぜよ!

福山龍馬が言う龍馬語録!
う~ん、カッコいい~~~~

徳川幕府が支配した260年のコケのような垢を
全部落として真っ白にすると言う。

それこそが、わしらの成すべきことぜよ!




命の儚さを思い知り、志の尊さを知り、
悲しみも、別れも、虚しさも、悔しさも
恐ろしさも、人の情けも愚かさも知り、

龍馬はこの時から
あの坂本龍馬になっていったがぜよ。



弥太郎のナレーションを聞きいた後に見る第3部の予告。
胸がはだけたワイルドな龍馬サン。
(後ろにいた陸奥も何故か胸がはだけていてワイルド

髪型が変わって、新天地・長崎では鋭い目つき
凄みのある声
腹にいちもつがあるような龍馬サンになると
PR番組で言っていました。
本物のワル龍馬になるのか?
ちょいワル龍馬なのか?

また福山龍馬の変化が見られると思うと楽しみで仕方ありません
期待しております



そんな凄みあるちょいワル龍馬サンでもPR番組で見せていた
お子を両腕にぶら下げて龍馬伝のテーマを歌いながら
クルクルと廻る姿は、ステキ龍馬にしか見えません



私もぶら下がりたい
回さなくていいから...ちょこっとだけ....



無理だよな~(爆)









Comment

mitu says... ""
武智さんと弥太郎と龍馬。
この三人のシーンは、繰り返し見ても涙でした。
台本の台詞はあったのでしょうが、本当に香川さんと雅治さんが大森さんとの共演を惜しむようにも見え、感無量でした。

いよいよ三部の龍馬、次回からも楽しみです。
『龍馬伝』のHPも更新されてますね。
2010.07.15 21:11 | URL | #- [edit]
mitu says... ""
武智× ⇒ 武市○ ですよね。漢字間違ってました。すみません。

↑週刊現代+TVガイド・・添い寝の寝顔?
気になります。でも今夜は我慢して、明日! にします。
2010.07.15 21:22 | URL | #- [edit]
みちも says... "コメントありがとう♪"
i-260mitu
コメントありがとう!
あの三人の場面は、これからも心に残る事になりそうな
名場面でしたi-199
音楽がこれほど効果的に聞こえたのも久々でしたi-190
隅々までこだわっている作っている「龍馬伝」のスゴさを
実感出来ましたi-228
2010.07.16 06:48 | URL | #myHEonuA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://webmasha.blog37.fc2.com/tb.php/820-d0dd93a9